始めてみませんか?布なぷライフ♪カラダに優しいものは地球にも優しい

 

 

今、ネットや雑誌で話題になっている布ナプキン。

興味はあってもなかなか一歩を踏み出せないという女子の皆さん。

この講座では布ナプキンと使い捨てナプキンの違い、上手な使い方、

簡単なお手入れや外出先での処理の仕方、

生理にまつわるトラブルの対処法などを、わかりやすくご紹介。

一枚の布ナプキンが辛い日々を快適に変えてくれるとしたら・・・。

きっと、チャレンジしてみたくなりますよ


市販の使い捨てナプキンって何で出来てるの?

 

今の使い捨てナプキンって表面がサラサラ、ふわふわしてて気持ちいいですよね。

一体どんなもので出来てるのか、調べてみました♪

 

<素材> ポリエチレン ポリエステル ポリプロピレン ポリエチレンフィルム

<吸収体> 高分子ポリマー

その他 香料、デオドラント剤、漂白剤

 

ほとんどが石油由来のものでした。

特に吸収体のポリマーは、熱を冷ますときに使う冷却シートと同じものが使われていました。

なるほど、それで体が冷えてしまうわけだ。

子宮が冷えることで起こる不調はたくさんあります。

また、このポリマーと血液が反応することで、あの独特のニオイが発生します。

真っ白で清潔な外見ですが、塩素漂白されており、その際に猛毒で知られるダイオキシンが発生すると言われています。

 

たちの体の中でも、最も「経皮毒」の影響を受けやすい部分は生殖器。

 

化学物質を体内に取り込む経皮毒の問題も懸念されます。

私たちの体の皮膚は部位によって厚さが違います。有害な物質は角質層の薄い部位ほど侵入しやすいのですが、腕の内側を1としたらなんと生殖器はその42倍もの吸収率なのです。

 


 

 

一般的な使い捨てナプキンを、分解してみました。


布ナプキンって何で出来てるの?

 

もちろん布で出来てますが、種類はネル生地、ワッフル、ガーゼ、ニットなどの綿

3年間無農薬の土地で育てたオーガニックコットンなど、環境や健康に配慮したものも多く見受けられます。

吸収体はネル素材が多いようです。薄く見えますが、かなりの吸収力。

ニットやガーゼ素材は肌触りが優しく、生理の終わりかけでもカサカサしにくいですが、若干吸収力が落ちます。

ショーツに留めるためのボタンは、金属アレルギーを考慮してプラスチックを使用しているところが多いです。

 

 

siesta bloomで取り扱っているジュランジェさんの布ナプキンは、

左の図のような構造になっております。

ふわふわのネルが何枚も重ねられていて、しっかりと経血を吸収してくれます。なのに、とっても薄くて快適なんです♪


siesta bloomオリジナルの布ライナーもございます(*^^*)

(有)オオヤブ様開発の消臭布ノン臭を使った「消臭布ライナー」を制作しております。

 

まんまる布ライナー 800円~

スリムタイプ  600円~

 

こちらはイベント出店時に販売致しております。

 

 


布ライナーと尿漏れ

 意外と多い「尿漏れ」の悩み。

私が布ライナーを作り始めたのは友人の一言がきっかけでした。

「布ナプキンだと尿漏れの臭いが気になる・・・」

 

そこで消臭機能のある布を使ってライナーを作ることにしました。

私自身は尿漏れがないので友人との二人三脚が始まりました。

当初、防水布を挟むことで漏れを防いでいましたが、使用している友人によると今度は蒸れが問題となってきました。

悩んだ末、防水布を外すことに。。

そもそもなぜ、尿漏れが起こるのか。

骨盤底筋群の緩み、女性ホルモンの減少、ストレスなどその原因は多岐にわたります。

筋トレや体操、生活の見直しなどをアドバイスすることで、防水布がないライナーでも十分過ごせることがわかってきました。

現在、siesta bloomのオリジナル布ライナーには防水布は入っていません。

もちろん大漏れの時は無理なのですが、少量の漏れは重ねたネル生地がしっかりと吸収してくれます。

ご愛用の皆様には、安心感があると好評をいただいております。

また、消臭機能がありますので、気になるアンモニア等の臭いも気になりません。

 

布なぷ講座とともに布ライナーと尿漏れ対策講座も開催しておりますので、お気軽にお問合せください。

 

お問合せ・お申し込みはこちらまで siesta bloom